top of page

子どもの習い事事情 どれくらいやってる?いくらかかってる?どうしてる?



今日のブログは

習い事教室の先生としてではなく

イチ親として

書いてみます♫


現在、9歳・7歳・5歳・3歳・0歳の子育て中です


先日、大人基礎クラスで

「子どもがやりたがる習い事をどれくらいさせるか‥‥」

という話題になりました♫


その方は、有難いことに お子さんにもフラを・・・♪と検討してくれていて

さらにお子さんにはもうひとつやってみたいことがあり

同時に今まで続けていた習い事を1つ辞めようかなと。

そんな転換期タイミングだそう。


お母さんとしては

「やってみたいことをさせてあげたいし、 気乗りしないことなら無理に続けなくても・・・」 と考えているけれど 月謝を払うお父さんとしては 「二つ同時にっていうのはちょっと・・・」と。 家族会議をしながら、みんなでどうしようかと 考え中とのことでした。 そういう問答、我が家もちょくちょく起こるなぁ。 めちゃめちゃ共感です。 ******** 我が家の習い事は、 お父さんが「OK」を出したら通って良し ということになっています。 子どもたちは何かやりたい習い事が出来たときは ・自分でお父さんに言いに行く ・お父さんから「どうしてその習い事に通いたいの?」といった質問に自分の考えを自分で考えて伝える ・体験などに行って実際どうかを自分で考える ・最終的にお父さんへ話しに行って通うかどうか判断してもらう という感じで話し合います。

年齢が小さい子たちは

「やりたい~!」とは言うものの、お父さんに話しに行くのを自分で。。。というのは

なかなか難しいので、習い事の数が少ないですが 小学生達は、どんどん交渉していくので、お父さんという関門をクリアして 色々と始めています。 9歳長男 ピアノ・フラ・書道・絵画・ラグビー 7歳長女

ピアノ・フラ・バレエ・絵画・ラグビー


5歳次女

フラ・ミュージカル・ラグビー 3歳次男&0歳三男

フラ見習いw 平日夕方の私はタクシーの運転手。 ひたすら送り迎えを繰り返しています💦


しかも、なぜか不思議なほどの「やりたがり・つづけたがり」

辞めたい習い事が無くて悩んでいるというアグレッシブさ。 (長男は最近バスケにはまっていて、始めたいのに空いている曜日がなくて悩んでいます💦もうやめてくれー💦)

********


というわけで、お月謝貧乏です・・・😿

ざっくりですが すべてのお月謝を合計すると、我が家の食費半月分とほぼ同じ

毎月素晴らしい金額・・・

それを理解して捻出してくれる夫には本当に尊敬と感謝。 子どもたちもきっと、大人になって親になったら分かるんでしょう。 お父さん、すごいんだぞー!


食費は身体への投資 習い事は心への投資


高学年になって、下校後の時間が思うように取れなくなれば

やりたくても辞めなければいけないことが出てくるし

今はやりたいこと、経験したいことは

できるだけ・・・と母としては思っています。

********


習い事って

習った結果がはっきりしているものと

そうでないものがありますよね。


たとえば

英語→英語しゃべれるようになる

水泳→泳げるようになる

みたいに、目に見えて習った効果を感じられるものは

メリットを感じやすく、親としても判断が楽ですね。


フラというのは

どうしても習わないとダメなわけでもなく

学校で取り組むわけでもない。


ずっと続けてきた身としては

フラを習って踊ることの良さは数え切れません。


言葉をつかわず、身体の動きで気持ちを表現すること

笑顔をまっすぐ人に向けること

舞台に立つこと

本番へ向けた緊張や高揚


どれもこれも、フラのような明るく陽気な音楽にのせて

軽やかに感じて軽やかに表現してほしいです

どんな方にも。


でも親としては、そのあたりの判断難しいですよねぇ。

「フラダンス?なんで習いたいの?」

「フラダンスもいいけど、まずは英語習いなさい」

そんなやり取りがきっとあるんだとおもいます。

********


冒頭に書いた、生徒さんとの会話をしながら

私は「ああ、私ってこう考えていたんだな」ということに1つ気づきました。


それは、習い事を通じて子どもにどうなってほしいか。


私は、

習い事を通じて、挑戦することが好きな子になってほしいと思っていたみたいです。

(話しながら気付きましたw)


小さいうちは、どんなことでもやってみたくて

上手になりたい、練習したい

という気持ちであふれています。


でもいつからか、

やってみたいけど、無理かも

上手くなるまでにどれくらいかかるかなぁ(時間やお金が)

と現実と比較するようになります。


現実的になることは大事なことなんですが

いつまでもチャレンジすることを忘れないでほしい

地道な努力の先には達成感があるし

仲間との出会いや楽しい時間が待っていることを

知っていてほしい。


本人がやりたい習い事をできるだけさせたいと思うのは、

好きなことに出会う

やってみたら思ったより難しい

でもやってみたい

ちょっとできた♪

という繰り返しを通じて、

挑戦好きな人間になってほしいから。


まさに、人格への投資。。。なわけです。



というわけで、

習い事先で人より上手くなくても

なんならまったく出来なくても

好きで居続ければ良し

というスタンスで見守っていらます。

これ、とっても気楽♪

送り迎えして、「上手だね、がんばったね」と言っているだけって とても楽しいです♪


ですが、私が気楽でいる習い事ほど、子どもは上達していく気もします。 不思議ですね。 ********



長くなりました💦


習い事について。

私自身も習い事講師の側ですが、

フラをやってみようと思ってくださったすべての方に、

チャレンジするマインドを持ち続けてもらうこと。

これをいつも大切にしています♡


生徒さんファミリーの家族会議も

良い方向にまとまりますようにー!

(そして願わくばフラ始めてくれますようにー!)




MAHALO♡

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page